寿司屋のまかない飯

寿司屋の女将が作る韓国のり巻き「キンパ」のレシピ。

キンパ

ごま油の風味が効いた韓国のり巻きのレシピです。
キムは「海苔」、パプは「ご飯」の意味。

酢飯ではなく、ごま油と塩で味付けをしたご飯を使用します。

寿司職人のアドバイスを受けながら作ってみました~!

Cpicon 寿司屋女将が作る韓国のり巻【キンパ】 by すし屋女将みさと

材料(8本分)

ご飯     5~6合
〈具〉
☆牛バラ肉   100g
☆玉子     4個
☆キムチ    100g
☆たくあん   50g
人参     50g
きゅうり   1本
ほうれん草  1束
チーズ    50g
海苔     8枚
☆印の具は必須です。あとはお好みで加えてください。

〈調味料〉
ごま油    適量
白ごま    適量
塩      適量
鶏がらスープの素 適量
砂糖     適量
焼き肉のタレ 適用

作り方

1)温かいご飯にごま油、塩、白ごまを入れて混ぜ合わせます。
(具材にも味を付けるので薄味程度に)

キンパレシピ10

2)ほうれん草はよく洗って根元が付いたまま茹でて、水分を切ったらごま油と鶏がらスープの素で味付けします。

キンパレシピほうれん草

3)玉子焼きは甘めに仕上げます。
 粗熱が取れたら細長く切って下さい。

キンパレシピ玉子焼き

4)キムチは小さめに切って下さい。

キンパレシピキムチ

5)たくあんは太めの細切りに。

キンパレシピたくあん

6)人参も太めの細切りにして、軽く塩ゆでします。

キンパレシピ人参

7)きゅうりも太めの細切りに。

キンパレシピキュウリ

8)牛バラ肉はフライパンで焼いて、焼き肉のタレで味付けします。

キンパレシピ牛肉

9)チーズはお好みで、ピザ用とかスライスチーズを細目に切って入れてください。

10)巻きすの上にザラザラした面の方を上にしたのりをのせます。
 (巻きすの手前端と海苔の端が重なるように)

キンパレシピ1

11)1)のご飯を200gのせます。

キンパレシピ2

12)海苔の向こう側2~3㎝はご飯をのせずに、空けておいてください。
指先にごま油やお水を少量付けて作業するとやりやすいです。

キンパレシピ2

13)具の配置バランス
ご飯を均等にならしたら、具を並べます。牛肉やキムチなど汁気のあるものは、汁気のないものの上に重ねてください

キンパレシピ9

14)具の高さは、なるべく均等になるように。
ほうれん草の根元は包丁やハサミで切り落としてから使ってください。

15)手前の巻きすと海苔を一緒に持って向こう側へ。

キンパレシピ巻き方6

16)赤い矢印のあたりまで持っていきます。
ここの部分のご飯の余白があると、巻いた後にパンクしません。

キンパレシピ巻き方1

17)巻きすと一緒に持っていた海苔を手放します

キンパレシピ巻き方5

18)巻きすを持ったまま向こう側へクルクル巻きます。

キンパレシピ巻き方

19)あとは、巻きすに包んで形を整えます。

キンパレシピ巻き方2

コツ・ポイント

ご飯は、ここでは200gですが入れる具材によって調整してください。

具を入れすぎたり、ご飯が多すぎたりすると、パンクしたりキレイに巻けなかったりするので、13)具の配置バランス こちらへ を参考にしてみてください。

仕上げに指にごま油を付けてスーッと横になぞって、その上に白ごまを置くようにかけます。

キンパレシピ仕上げ1

のり巻きを切るときは、包丁を水で少し濡らしながら切ると断面がキレイになりますよ。

のり巻きって、作るのが難しいイメージですが、いくつかのコツをクリアすれば意外と簡単です。

食卓に並ぶとパッと華やかになりますよ。

ちなみにこの日は8本巻きました。
画像は一番うまく巻けた7本目です。

みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね。