日本酒とお寿司

寿司・刺身に合う日本酒、すし屋の女将はコレをおすすめします。

こんにちは、みさとにしきです。

ふだん日本酒はあまり飲まないけど、せっかくお寿司を食べるんだから日本酒飲んでみようかな。

今日はお刺身だから日本酒にしようかな。

なんていう日も、たまにはあるのではないでしょうか?

でも、いざ選ぶとなると何を選んでいいか悩みませんか?

そこで、ネタ別に私がいつもお店でお客様におススメしているものを選んでみました。

あくまでもすし屋の女将目線ですので、「いやいやそれは違うでしょう」などというクレームは無しでお願いします(笑)

まぐろ・かつお・サーモン・鮭・鱒に合う日本酒。

鰹塩たたき

脂の乗りや旨味が強い魚には、味わいのしっかりした純米酒などがおススメです。

米の旨味がある純米酒と魚の強い旨味がお互いを引き立ててくれますし、生魚の臭みを消してくれます。

本マグロの赤身には、ほんのり酸味があります。
なので、脂を流してくれるという意味でも少し酸味のある純米酒などがおススメです。

高知県 酔鯨(すいげい)

高知県 美丈夫(びじょうふ)

愛知県 醸し人九平治(かもしびとくへいじ)

秋田県 新政(あらまさ)

などがおススメです。

酔鯨あきあがり
高知県 酔鯨

美丈夫新酒
高知県 美丈夫

醸し人九平治うすにごり
名古屋 醸し人九平治

平目・鯛・メバル・カレイなど白身魚に合う日本酒。

平目握り

白身魚は比較的たんぱくな味わいの物が多いので、淡麗な日本酒がおススメです。

また、白身魚のお刺身には柑橘系が添えられていることが多いので、やわらかな甘みや柑橘の香りに合わせたフルーティな香りの日本酒もおススメです。

広島県 雨後の月(うごのつき)※1

広島県 宝剣(ほうけん)

三重県 而今(じこん)

福島県 飛露喜(ひろき)

静岡県 喜久酔(きくよい)

愛媛県 石鎚(いしづち)

山口県 獺祭(だっさい)※2

などがおススメです。

※1 広島県呉市の日本酒「雨後の月」(うごのつき)の魅力を初心者にもわかりやすく説明します。

※2 お父さんが喜ぶ人気の日本酒、「獺祭」の味の違いを3タイプに分けてみました。

雨後の月
広島県 雨後の月

宝剣
広島県 宝剣

而今
三重県 而今

サバ・かんぱち・ぶり・小肌など光物に合う日本酒。

小肌握り

私、実は光物が苦手なのでほとんど食べないのです。
なので日本酒と合わせたこともないので・・・おススメができない・・・
申し訳ないです。

しかし、お店ではそんなことを言ってられません。(ここでは言っていいの?と叱られそうですが・・・この場所では本音を語りたいので。)

青味魚の特徴である脂乗りと磯の香り。
この磯の香りを活かせるように、吟醸香が少ないものや脂を流してくれるような酸味をもつ日本酒をお客様にはおススメします。

栃木県 仙禽(せんきん)

山形県 山形正宗(やまがたまさむね)

島根県 王禄(おうろく)

茨城県 サバ専用の日本酒「SABA DE SHU」

鯖専用日本酒 サバデシュ SABA de SHU 1800ml

エビ・カニ・しゃこなどの甲殻類に合う日本酒。

シャコ握り

私の店では甲殻類など火を通したネタには「甘ダレ」を付けることが多いです。

素材自体の旨味が強い食材なので、合わせる日本酒は純米吟醸甘口の純米酒をおススメします。

日本酒の甘口はフルーティな香りがあるものが多く、ベタベタした甘口とは違います。
甘口というより旨口といった方がいいでしょう。

旨口の旨味同士が口の中で一体化します。

青森県 陸奥八仙(むつはっせん)

新潟県 高千代(たかちよ)

新潟県 鶴齢(かくれい)

奈良県 花巴(はなともえ)

佐賀県 鍋島(なべしま)

などがおススメです。

鍋島
佐賀県 鍋島

イカ・タコに合う日本酒。

いか握り

イカやタコは単品で食べるなら、味わいが淡白なのでスッキリ系の生酒がおすすめです。

たらこや明太子、トビッコなどの魚卵を和えたり、オリーブオイルなどを加えると味わい深くなるので、そのような食材を合わせるときは旨味のある純米酒もおススメです。

宮城県 日高見(ひだかみ)

山口県 貴(たか)

奈良県 風の森(かぜのもり)

栃木県 大那(だいな)

宮城県 山和(やまわ)

うに・いくら・たらこ・明太子など魚卵に合う日本酒。

うに丼

素材自体が濃い味なので、それに負けない力強い日本酒がおススメです。

コクのある純米酒山廃ぬる燗でいただくのもいいでしょう。

秋田県 雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)

石川県 菊姫(きくひめ)

滋賀県 七本槍(しちほんやり)

岡山県 竹林(ちくりん)

などがおススメです。

例に挙げた、寿司や刺身に合う日本酒はごく一部にすぎません。

この組み合わせが絶対というわけでもありませんし、もちろん違う合う組み合わせもたくさんあります。

うまみ成分の塊である日本酒に合わない食材はない、と私は思っています。

色々な組み合わせを試してみて、ご自身のお気に入りの組み合わせを探り、楽しむのも日本酒の醍醐味ではないでしょうか。