二日酔い対策

【下戸】【二日酔い】を本気で克服したいと思っている方へ。この記事を読んで参考にして下さい。

驚き女子

自分は下戸だからお酒が飲めない。
と、決めつけていませんか?

「お酒を飲めるようになりたいな~」
「お酒が飲めたらきっと楽しいだろうな~」

下戸でもお酒が飲めるようになる方法があるんです。

「少し飲んだだけで顔が真っ赤っかになって恥ずかしい。」
「お酒を飲んだらすぐ頭痛がするの。」

顔が赤くならず、頭痛もしなくなる方法があるんです。

「お酒が好きでついつい飲み過ぎてしまう。」

そんな時の辛い二日酔いもなくなる方法があるんです。

お酒の悩みは人それぞれ、多少は持ち合わせているのではないでしょうか?

お酒の悩みを解決したいと思っている方、少し長文になりますがこれを読んで頂き、似たような経験があればこの方法はぜひオススメです。

長文を読むのがめんどう!早く教えて!
という方はこちらからどうぞ。

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

すし屋で、つまらないと言われた下戸の彼の悲劇。

私のお店(すし屋)で実際にあった出来事です。

6名様、男性ばかりのお客様でした。
年齢は皆さん30代くらいでしょうか。

1杯目2杯目は生ビール、次は日本酒です。
お刺身や和食にはやっぱり日本酒でしょ!
といった感じで。

お酒を飲む方はその時点で2~3杯は軽く飲んでいるのですが、その中におひとり下戸の方がいらっしゃいました。
その彼は1杯目に頼んだウーロン茶がまだ入っていて、中の氷が溶けてグラスにたくさんの水滴がついています。

グラス水滴

ウーロン茶を飲んでいる彼に仲間の一人が言います。
「お前いつまでそれ飲んでんの?」

あわててウーロン茶を飲み干し、「ウーロン茶もう一杯ください」

仲間の一人がまた言います。
「またウーロン茶?すし屋でウーロン茶はねーだろー!お前ってほんっと、つまんねーやつだな」

そんな無理強いしなくてもいいのに・・・と思い、
「いいんですよ無理に飲まなくても。お好きなものをご注文下さいね。」と、精一杯のフォローをしたのですが、その彼は「焼酎の水割り下さい」と・・・

彼にとっては思い切った決断だったと思います。

少し薄めに作って差し出したその焼酎の水割りを、ちびちびと一生懸命に飲んでるふりをしている姿は涙ぐましく、切なくなくなりました。

切なくなったのは、ちびちびと飲んでいる彼の姿ではなく、「すし屋でウーロン茶はねーだろー!つまんねーやつだな」とみんなの前で言った彼の事です。

お酒を飲めない人に対して無理やり飲ませるような行為は「アルコールハラスメント」ですよ!

そんなこと知ってか知らずか、下戸の彼がやっとアルコール類を注文したことで納得したようですが・・・そんな「アルコールハラスメント」をする彼を見て切なくなったんです。

お料理が進み最後のお寿司をお出しした頃には、皆さん顔を赤らめて上機嫌。
「旨い!美味い!」とお寿司を次々と頬ばって食べています。

そんな光景は、すし屋冥利に尽きるのですが・・・

ふと、さっきの下戸の彼に目をやると、明らかに暗い表情でお寿司は食べていない様子。
1時間前くらいに、薄めに作った焼酎の水割りは半分ほど減っていました。

すると、突然!

reversereversereversereversereversereverse

光のシャワー

テーブルの上は彼の吐しゃ物で戦場と化しました・・・

もちろん、急いで片付けましたよ。

何より気になったのが下戸の彼。
飲めないお酒を無理に飲んだせいで吐いてしまい、まだ具合が悪そう。
そのうえアルコールハラスメントの彼に文句言われてる。

お会計は割り勘。

下戸の彼は明らかにみんなより飲んでる量が少ないのに・・・
無理やり飲んだ焼酎のせいで具合が悪くなってお寿司もほとんど食べてないのに・・・
全員同じ金額だなんて・・・

飲めない時は飲めないとハッキリ言う勇気も必要だと思うし、仲間内のルールもあるのでしょうが、なんともやるせない気持ちになりました。

あの下戸の彼がみんなと楽しくお酒を飲むことができたら・・・

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

すし屋で接待する、お酒が弱いサラリーマンの苦労

サラリーマンの得意先への接待は、いつも大変そうだな~と思ってみています。

得意先のお客様が飲むものと、同じものを飲むのは接待の鉄則なんでしょうかね?
必ずしもそうではないのでしょうけど・・・

得意先のお客様が3名様、接待側のサラリーマンが3名様。
(お見合いのように)向かい合って会食が始まりました。

会食の場合のビールは瓶ビールが多いですね。
注いだり注がれたりしながら交流を深める感じでしょうか?
(生ビールで、カンパーイ!で十分な気もしますが^^;)

ビール注ぐ

「瓶ビールの次は芋焼酎ロック!」
と、得意先のお客様が言うので全員芋焼酎ロックのご注文です。

準備をしに厨房に入ると、接待側のサラリーマンの内の1人が、私の後をついてきて「あの~・・・僕お酒弱くて・・・さっきのビールでもう定量なんです。でもこの場ではお酒が飲めないと言えないので、僕の分は芋焼酎ロックではなく、お水と氷で持ってきてくれませんか?」と・・・

「もちろん、いいですよ。おまかせください。」と、芋焼酎ロック5つとお水のロック1つをお運びしました。

お料理もスムーズに召し上がってくれてるし、芋焼酎のロックと、お水のロックのおかわりも順調。
得意先のお客様もご機嫌な様子。

すると、「次は日本酒!4合瓶一本とグラス6つちょうだい!」

え!!!こ、これは大変!
4合瓶を持っていくとさっきの瓶ビールのように、注いだり注がれたりの儀式が繰り広げられてしまう!

しかし、4合瓶の日本酒1本とグラス6つを、お運びしないわけにはいきません。

案の定、ご機嫌な得意先のお客様がみずからお酒の栓を開けて、1人ずつ注いでいるではありませんか。

お酒が弱いサラリーマン、絶体絶命・・・。

サラリーマン絶体絶命

私にはもうなすすべがなく、そのサラリーマンを見守ることしかできませんでした。

ご機嫌な得意先のお客様や上司の手前、断るわけにはいかず勧められるがままに日本酒を飲むお酒が弱いサラリーマン・・・

あーーーーーもう、心配で見てられない・・・。

私にできることは、チェイサーの水を差し出すだけ。

その間、2度お手洗いに立った彼を見たけど・・・どうなったかしら。

ほかのお客様の対応で、一部始終を見届けるわけにはいきませんでしたが、彼がお会計をしに来たので「大丈夫ですか?」と尋ねると、「なんとか大丈夫ですけど、もう限界超えてます。」と・・・

「無理しないでくださいね。」私の言葉にうなずくだけの彼。

お帰りのタクシーに乗り込むと、ご機嫌な得意先のお客様が「もう一軒行こう!もう一軒!」と・・・

タクシーの座席でうなだれていた彼の行方は・・・

あのお酒が弱いサラリーマンの彼が、お酒の心配をしないで接待に集中出来たら・・・。

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

すし屋で飲み過ぎて、ひんしゅくをかった女一人旅。


最近女性1人のお客様がとても増えたように感じます。
女性1人でいらっしゃるお客様は、なぜか日本酒を注文されることが多いです。

1名様なのでカウンター席にお座りいただくのですが、その日のカウンターはその女性のお客様以外すべて男女のカップルでした。

始めはとても静かに日本酒を飲みながらつまみを食べていたのですが、白ワインに切り替わったころから少し声のボリュームが上がってきました。

職人と話しながら楽しそうに飲み食いをしている様子。

「次赤ワインお願いします・・デキャンタで!」
そのあたりから様子に変化が・・・

急にシクシクと泣き出したのです。
誰かが何かを聞いたわけではないのですが、職場での大変な出来事や、親の介護に疲れ果てて1人で旅行に来た話など延々としゃべりだしたのです。

ほかのお客様のご迷惑にならないように声のボリュームを下げてもらったり、私がお話し相手になることで落ち着かせたり、していました。

一通りしゃべったことで満足したのでしょうか。
やっとお寿司を食べる気になったみたいで、「穴子下さい」と、注文をしてくれました。

穴子

やれやれしたのもつかの間、今度はお隣のお客様に絡んでる!!!
「どうせ、不倫旅行でしょ!」とか言ってるよ!
おいおいおい!

幸いにしてお隣のお客様の心の器が非常に大きかったので、事なきを得ましたが・・・もう目が離せません。
クスクス笑ってるお客様もいるし・・・。

これ以上は危険と判断し、早めに食事を済ませていただきお会計を。

すると、「高ッ!私こんなに飲んでないし!」

「お客様、たくさん召し上がって頂きありがとうございました。当店は明朗会計です。もし間違いなどありましたら酔いが覚めた時にご連絡くださいませね。」
と、レシートにその旨を書き、お渡ししました。

ブツブツ言いながら千鳥足でお帰りになりましたが、次の日ご丁寧に謝罪の電話を頂きました。
後半から記憶がないそうです。
やっぱりね・・・

あの女1人旅のお客様が、記憶しっかり楽しいお酒を飲むことができたら・・・。

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

下戸だけどお酒の席が好きな女子が、酒豪女子とケンカ。


これは私の店での話ではないのですが、とある居酒屋で隣になった女子グループの事です。

20代の若くておしゃれで可愛らしい女子3人グループが、ハイボールやレモンサワーを注文していました。

レモンサワー

そのうち1人はお酒が飲めないらしく、ノンアルコールカクテルを注文。

私は友人と2人50代女子会。
モッキリ酒でカンパイ。

鶏のから揚げ、季節の色どりシーザーサラダ、ガーリックエビせん。
若い子のテーブルの上は色とりどりのおつまみでキレイねぇ・・・
なんて言いながら、イカの塩辛をつまむ50代女子。

唐揚げ

お隣の20代女子のうちの1人が「私いくら飲んでも酔わないんだぁ~」「お酒が強いのは家系みたいでぇパパもママもお酒強いの!」などと豪語していた。
が、その声はすでに酔っているようでした。

お酒をたくさん飲めることが自慢らしい酒豪女子は、ノンアルコール女子に絡みだした。

「そんな子供の飲み物飲んでどーすんのよッ!」

「え~だってお酒飲めないんだもん」

「だったらこんな場所来なきゃいいじゃん」

「いいじゃん、こーゆー所好きなんだもん」

「こーゆー所はお酒を飲んでナンボなの!」

「でも、〇〇ちゃん、私がお酒飲めないの前から知ってるでしょ」

「は?なんで私があなたのこといちいち覚えてなきゃならないわけ?」

「だってこの前も私お酒飲んでないよ。飲めないから・・・」

「は?あなたがお酒飲もうがどうしようが、私の知ったことじゃないわ!」

あ~あ・・・酒豪女子、もう口が回ってないじゃない・・・

「もう、あんらなんか▼☆〇×#かあね(もうあんたなんか誘わないからね)」

「え~~~誘ってよ~」

「いやら!(いやだ)」

「誘って~」

「#%$〇×▼!おさけのむんらったらいいよ!(やだったらやだ!お酒飲むんだったらいいよ)」

「わかった・・・今度は飲むから。

「$*@#〇★!」

女同士言い合い

ってな感じで収まった感じでしたけどね。
なんていうか・・・別に飲まなくても居酒屋にはノンアルコールメニューがたくさんありますし、美味しいメニューもあるから楽しみ方は様々だと思うんです。

居酒屋はお酒を飲まなければダメ、なんて決まりもないし。
お子様連れのファミリーも利用しますしね。

でもね、ノンアルコール女子はきっと居酒屋でみんなと同じく楽しくお酒を飲みたいんじゃないかな・・・
酒豪女子はあんなに飲んで二日酔いにならなかっただろうかと・・・
老婆心・・・。

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

二日酔いを克服できる方法を実践してみた。

坂本太一さんという下戸の方が、実際にご自身で体験されたうえで「下戸が酒豪になる方法」という教材を作りました。

これは下戸の方だけではなく、「少し飲んだだけで顔が真っ赤になる」方や
「少し飲んだだけで心臓がバクバクする」方、「ついつい飲み過ぎることが多く二日酔いに悩まされることが多い」方にも有効です。

実際に私も試してみました。
私は下戸ではないのですが、ついつい飲み過ぎて酷い二日酔いに悩まされる派なのです(笑)

この方法で試したところ二日酔いは全くありませんでした。
お酒を飲んでいる最中も記憶が飛ぶことがなく、次の日もちゃんと覚えていました。

疑い深い私は、「お水も結構飲んだし、食べ物も食べたし・・・たまたまじゃないのかな・・・」なんて疑ってしまった・・・。

2回目も同じように試したところ、二日酔いはゼロ
前日の記憶も鮮明

そして、3回目、やっぱり二日酔いにならない!
記憶もある!
(普段どれだけ飲んでるんだろう・・・^^;)

今ではこの方法なしにはお酒を飲めなくなったほどです。

たくさんお酒を飲むときは、あのひどい二日酔いを覚悟する時もありました。
覚悟していてもつらい二日酔い・・・

先日も二日酔いのままお店に出て、ちょっとした事でお客様とトラブルに・・・クレームを浴びてしまう羽目に・・・(反省)

そんな二日酔いとさようならができる日が来るなんて、夢にも思いませんでした。

石橋をたたいて渡る慎重派の私です。
始めは何となく疑ってしまったのですが、これを知るのと知らないのとでは雲泥の差。

興味のある方はぜひ試してみてください

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

今までのお話は全て実話ですし、感想は私が実際に試したものです。

先の話に出てきた「下戸の彼」も、「お酒が弱いサラリーマン」も、「女一人旅の彼女」も、「酒豪女子とノンアルコール女子」も、みんながこの方法を知っていればもっとお酒との付き合いがラクで楽しいものになるのではないかと、私は確信しています。

多少お金はかかりますが、この方法にたどり着くまでにかかった坂上さんの相当な時間と努力と忍耐と行動力に比べると、私は安すぎるとまで感じます。

私は今52歳です。
年を重ねてきたせいか、飲む量が少しづつ減ってきて、二日酔いの頻度が高くなってきたのも事実です。


勢いがつくとついつい飲み過ぎてしまうことが多々あるので、気を付けながら慎重に飲む量を調整しなければ・・・と思っていました。

もちろん体のためにも飲み過ぎには気を付けなければなりません。

しかし、楽しいお酒はそんなこと考えずに飲みたいと思うのです。

これから先、何年、何度、お酒を飲むかわかりませんが、この方法で飲むたびにラクに楽しく二日酔いの心配をしなくて済むんです。

今後の私の日本酒人生をさらに豊かにしてくれること100%間違いなしです。

「自分には効果がなかったらどうしよう?」
などと思い、不安になりましたが「全額返金保証」が付いていたので何かあったら返金してもらおうと、思い切って試しました。

「全額返金保証」って、相当な自信がないとできない対応だと思います。

そのような対応もしっかりしてくれますのでご安心を。

あなたのこれからの酒ライフが充実した楽しいものになりますように。

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意